歯肉炎は歯垢の除去で予防

歯肉炎は、歯周病の初期段階なので出血や痛みなどの自覚症状がほとんど出ないので、発症に気付かない為に放置してしまう人が非常に多く病状が悪化してしまいます。その為、歯肉炎は普段からのオーラルケアが非常に重要視され、歯肉が赤く腫れる原因となる歯と歯茎の境目についた歯垢と呼ばれる細菌の塊を正しい歯磨きで除去する必要があります。しかし、痛みなどの自覚症状がある際には、やわらかめの歯ブラシで痛みを我慢して優しく歯垢の除去を行う必要があります。

↑PAGE TOP